銀行系のカードローンなら総量規制の対象外に! | 運転資金 融資 ビジネスローン


小規模な起業の資金繰りはどうする?
現実的に資金調達を確実に実行!
ビジネスローンの上手な利用法について徹底解説!

銀行系のカードローンなら総量規制の対象外に!

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されるしくみを総量規制といい、貸金業法で定められています。総量規制は、貸金業者が対象となっており、貸金業者は消費者金融会社・クレジット会社(キャッシングのみ)・信販会社(キャッシングのみ)がそれに該当し、銀行はその対象となりません。

そのため、銀行系のカードローンは総量規制の対象になりません。また銀行系カードローンは銀行系の融資なのですが、所得証明を堤出せずに貸出をしてくれるカードローンがありますので、審査がとても煩わしく思われている経営者さんであれば、運転資金としてカードローンを利用するのも有効に思えるでしょう。

銀行系のカードローンは、通常のビジネスローンに比べると審査が通りやすいので、資金調達先として検討されてみても良いかもしれません。比較的審査が通りやすいとはいえますが、やはり銀行系なので、必ず通るといえる状況でもありませんので、そのあたりは用心が必要です。

また、融資の上限額も徐々に高くなってきているようで、銀行によっては400万円を上限とするところも出てきているので、今後上限額がもっと上がってくれば運転資金として魅力が出てくるかもしれません。

やはりまとまった資金が必要となる場合、ビジネスローンですと1000万円という金融商品がありますから、融資金額の面ではやはりビジネスローンのほうが頼りになるでしょう。

その辺りは事業資金の計画によって使い分けてみるのも良いかもしれません。