希望する融資金額によっては民間のビジネスローンにメリットがある | 運転資金 融資 ビジネスローン


小規模な起業の資金繰りはどうする?
現実的に資金調達を確実に実行!
ビジネスローンの上手な利用法について徹底解説!

希望する融資金額によっては民間のビジネスローンにメリットがある

ビジネスローンには銀行系の金融機関が貸出する銀行系ビジネスローンと、ノンバンク系が貸出を行う民間系ビジネスローンがあります。

融資金額でみると、銀行系ビジネスローンは限度額が大きいのが一般的で、まとまった資金を運転資金として使いたいと思われている経営者にとってはやはり銀行系のビジネスローンが魅力を感じると思います。ただしかし、銀行系はやはり一般的に敷居が高く、審査が厳しく通りづらいのが普通です。担保が必要だったり、保証人が必要となることは、審査にとって障害になると感じられるかもしれません。

それに対し、民間系のビジネスローンは融資金額の上限は銀行系ほど高くないのが現状ですが、それほど資金が必要でない場合には、審査はかなり負担が少ないといえます。

審査の必要書類もそうですが、審査基準も民間系のほうが厳しくなく、また審査から融資までのスピードも早い場合が多いです。そして、試算表の堤出を求められないケースですと、普段の経理処理がきっちり定期的にされている必要もなく、審査のために仮決算をしなくても良いことになります。また、担保や保証人が必要が無いというのは、昨今の状況から言って、大きく負担が変わってくるのでは無いでしょうか?

金利面でみると確かに銀行系のほうが有利とは言えますが、審査に費やす事務負担も決して馬鹿にできません。審査書類を整えるために、通常業務が止まってしまうような状況の場合、金利以上のマイナスが出るとも言えるのでは無いでしょうか?