景気が回復しても銀行融資のハードルは依然として高い | 運転資金 融資 ビジネスローン


小規模な起業の資金繰りはどうする?
現実的に資金調達を確実に実行!
ビジネスローンの上手な利用法について徹底解説!

景気が回復しても銀行融資のハードルは依然として高い

実感として感じることが出来るかどうかを問わなければ、最近は景気が回復していると言われています。そうなりますと、小規模な企業にとっては、融資の環境が良くなってくることを期待してしまいますが、そのあたりに良い変化は出てきているといえるでしょうか?

特に銀行系の企業融資は比較的低い利率で貸付けをしてくれるので、融資を受けられれば小規模な企業にとっては資金繰りに大きなバックアップになるでしょう。しかし、景気が回復してきているとは言ったものの、銀行系の融資が良くなってきているとはいえないような状況です。

中小企業円滑化法が2013年3月末で終了したことで、企業への貸付が減り倒産企業がかなり増えると思われていたのに対し、貸出はやや増えたことで、思ったほど混乱がなかったことは、良い状況でした。しかし、金融機関は、返済期限を伸ばすような企業への貸付が貸し倒れになる危険を警戒し、貸付する企業と打ち切る企業を選別し始めている状況のようです。

銀行は、返済を要求することだけでなく、返済した分の追加の融資を認めてくれないというケースが増え、資金繰りが苦しくなる企業が増えるという見通しが予測されています。

今後は銀行系の融資は少しづつ難しくなっていくとなりますと、小規模な企業は新たな資金繰りの方法を模索しなければならなくなるでしょう。

たとえ経営の成績が良くても、資金が止まれば企業は倒産してしまいます。今後はスピード決済、無担保、第三者連帯保証不要といったメリットをもつビジネスローンは、そんな小規模な企業を支えてくれる大きな存在になっていくでしょう。